2010北海道公立中高一貫校の志願状況

登別明日中等教育学校の入試は2010年1月9日に作文、面接、グループ活動の実技などが実施され、公開抽選を経て、1月20日に合格発表が行われます。

登別明日中等教育学校 2010年度 
募集人員:80名  出願者数:196名  競争倍率2.45倍 


大阪市阿倍野区家庭教師
我孫子市家庭教師
東京都足立区家庭教師

釧路「4月から中高一貫教育スタート」

2007年03月17日 釧路新聞
 羅臼町で4月から中高一貫教育がスタートする。町立の4中学校と羅臼高校とが連携し、6年間を見通して継続的な指導を行うもので、このうち高校では進学と就職にコース分けして幅広いニーズに対応していくほか、知床の自然や産業を生かす科目を設定するなど独自色を打ち出している。


千葉市中央区家庭教師
さいたま市中央区家庭教師
大阪市中央区家庭教師


受験生たち緊張 推薦選抜始まる 道内公立高

2007/02/14  北海道新聞
 二○○七年度の公立高入試の推薦選抜と中高一貫教育高の連携型選抜が十四日午前、全道一斉に始まり、受験生は面接試験などで志望動機や意気込みをアピールした。

 推薦選抜試験を行うのは、対象校百五十八校のうち、出願者がいなかった高校を除く百四十一校。総募集定員九千七百三十六人に対して六千九百九十七人が出願し、倍率は○・七二倍。

 札幌市北区の札幌北陵高では、午前九時二十分から面接試験を実施。受験生は志望理由や将来の夢などの質問に緊張した表情で答えていた。

 一方、中高一貫校の中学から高校への進学希望者を対象に行う連携型選抜は、計八校で実施。三百五十九人が挑んだ。

 両選抜とも二十一日までに合格内定通知を出す。一般選抜の学力検査は三月六日。


羽生市家庭教師
蓮田市家庭教師
東京都八王子市家庭教師

道内初の公立の一体型中高一貫登別明日、公開抽選

北海道新聞 2007/01/21 08:09
中高一貫の登別明日  
四月に登別市内に開校する道内初の公立の一体型中高一貫校、登別明日(あけび)中等教育学校の前期課程(中学に相当)の入学予定者を決定する公開抽選が二十日、登別市民会館で行われ、寄宿舎から通う男女各八人と、自宅からの通学生六十四人の計八十人が選ばれた。

登別明日には道内全域から二百九十七人が出願。九日に作文や面接などの選考検査を行い、入学候補者百二十八人(うち寄宿舎生は男子十五人、女子十二人)に絞った上、公開抽選を行った。

入学候補者の親子らの前で、係が透明の箱から黒いカプセルを引いて、中に入った受験番号を示した。入学式は四月九日の予定。



京都市伏見区家庭教師
東京都福生市家庭教師
富津市家庭教師

道内初の道立中高一貫校、競争率3.7倍

公立の中高一貫校の競争率が続々と発表されています。

地域によって差はあるようですが、3倍を下回るところはないようで、5倍前後というところが多いようです。

中高一貫校の人気が高いので、入るのに苦労→受験熱、受験対策に熱を帯びると言う傾向は今後続いていきそうです(泣)



北海道教育委員会は十八日、登別市内に来春開校する道内初の道立の一体型中高一貫校、登別明日(あけび)中等教育学校の、中学に当たる前期課程の出願状況を発表した。八十人の定員に、小学六年生二百九十七人が出願し、三・七倍の高倍率となった。

同校は全道一学区で、前期課程の生徒は、高校に相当する後期課程に無試験で進学できる。遠距離のために自宅からの通学が困難な場合、最大十六人(男女各八人)が寄宿舎から通学できる。寄宿舎生の枠には、男女計七十六人が出願した。



兵庫県揖保郡家庭教師
飯塚市家庭教師
池田市家庭教師