中高一貫校、宇都宮東高付属中で入学式

下野新聞
 栃木県内初の公立中高一貫教育校として本年度開校した宇都宮東高付属中が六日、入学式を行った。真新しい制服に身を包んだ百五人の生徒は、教職員や関係者からの激励を受けながら、第一期生として新しい学校生活に期待を膨らませた。
 高校に続いて行われた入学式で古沢利通校長は「学ぶことに真剣になってほしい。高校生の先輩からも多くのことを吸収して学校の新しい歴史を築いてください」とあいさつ。宇都宮東高の第一期生でもある同窓会長の中山緑朗さんが「十倍近い難関を突破した皆さんは県内外から注目されている。第一期生の誇りと責任感を胸に頑張って」とエールを送った。

 最後に新入生を代表して菅谷遥さん(12)が「何事も失敗を恐れずチャレンジし、壁を乗り越えたい」と力強く抱負を述べた。


千葉県長生郡家庭教師
銚子市家庭教師
東京都中央区家庭教師
posted by キロリ at 10:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 栃木県公立中高一貫校
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3684736
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。