各都道府県等における中高一貫教育校の設置・検討状況

文部科学省「各都道府県等における中高一貫教育校の設置・検討状況」
中高一貫教育制度は、これまでの中学校・高等学校に加えて、生徒や保護者が中高一貫教育も選択できるようにすることにより、中等教育の一層の多様化を図るものであり、平成11年4月から制度化されている。

本調査は、平成14年4月現在の中高一貫教育校の設置検討状況について、各都道府県等に対して調査を行い、取りまとめたものである。 続きはこちら

文部科学省「中高一貫教育校の概要」について
【中等教育学校】
○ 宮崎県立五ヶ瀬中等教育学校
○ 東京大学教育学部附属中等教育学校
○ 奈良女子大学文学部附属中等教育学校
○ 学校法人平方学園 創世中等教育学校
【併設型】
○ 秋田市立御所野学院中学校・高等学校
○ 岡山市立岡山後楽館中学校・高等学校
○ 名古屋大学教育学部附属中学校・高等学校
○ 学校法人横浜共立学園 横浜共立学園中学校・高等学校
○ 学校法人ラ・サール学園 函館ラ・サール中学校・高等学校
○ 学校法人立命館 立命館慶祥中学校・高等学校
○ 学校法人昌平黌 東日本国際大学付属昌平中学校・高等学校
○ 学校法人メリノール女子学院 メリノール女子学院中学校・高等学校
○ 学校法人津田学園 津田学園中学校・高等学校
○ 学校法人梅村学園 三重中学校・高等学校
【連携型】
○ 三重県飯南地域
○ 大分県院内・安心院地域
○ 鹿児島県与論地域
詳細はこちら

文部科学省「中高一貫教育の推進について」〜500校の設置に向けて〜

目 次
はじめに
I 中高一貫教育の意義と推進の必要性
1 中高一貫教育の意義
2 中高一貫教育の推進の必要性

II 中高一貫教育の現状と整備の考え方
1 中高一貫教育校の設置・検討状況
2 都道府県等における整備計画の策定

III 中高一貫教育の推進のための方策
1 柔軟な実施形態や課程・学科等の工夫
2 教育課程の基準の特例の活用
3 特色ある教育活動の展開
4 自己の在り方生き方や将来の進路を考える機会の充実
5 入学者決定方法の工夫と小学校との連携
6 学校運営の工夫
7 国や設置者による支援の充実
8 国民や幅広い関係者の理解促進

詳細はこちら


福岡市博多区家庭教師
東京都羽村市家庭教師
千葉市花見川区家庭教師
posted by キロリ at 20:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 公立中高一貫校ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3364229
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。