中高一貫校 瞑想や『文武両道』

都教育庁は二十五日、二〇一〇年度に新たに開校を予定する中高一貫教育の四校について、各校の基本計画検討委員会が作成した中間まとめを発表した。中野地区と練馬地区の二校は中学と高校を併設した中高一貫校とし、八王子地区と三鷹地区の二校は六年制の中等教育学校とする。

中野地区の中高一貫校は、品性と感性を育てるため、瞑想(めいそう)や書写の時間を取り入れる。練馬地区の学校は母体となる大泉高の「文武両道」の伝統の継承を掲げ、スポーツに力を入れるとした。

また、八王子地区の中等教育学校は多摩地区の自然や文化とのふれあいを重視。三鷹地区の学校は「思いやり・人間愛」を主題とする教科・科目の設置などを特色としている。


愛知県宝飯郡家庭教師
本庄市家庭教師
東京都府中市家庭教師
posted by キロリ at 12:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 公立中高一貫校ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3190687
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。