新設された公立の中高一貫校の人気がすざましい

今年4月に開校されるさいたま市の中高一貫校である浦和中学校の入試が1/20に行われた。

定員80に対して、受験者は1,993人。

なんと競争倍率は24.9倍である!

さいたま市内の小学六年生が約12,000人だそうで、そのうちの6人に1人が受験した計算になるそうだ!

市立浦和中学校は、県内で2校目の併設型の公立中高一貫校

1次試験は筆記試験。総合問題が2コマ(1コマ45分)。

2次試験は作文と個人・集団面接が1/27に行われる。

中高一貫校の受験対策について、さいたま市教育委員会のこんな回答を見つけました。



Q.適性検査はどのようなものですか?

の問いに対して、

A.知識の定着度を見るものではなく、小学校の学習内容や身の回りの事柄をもとに、論理的に考えをまとめる力や情報を読み取る力などを総合的に見定める筆記問題とします。

Q.市立浦和中学校へ入学するには、塾へ通った方がよいですか?

A.本校の教育内容を理解し、6年間一生懸命頑張ろうとする意欲と情熱が必要です。そのため、小学校の学習内容を確実に身に付けることがなにより大切です。授業や活動に全力で取り組んでください。



う〜ん、興味深いですね。

授業や活動に全力で取り組んで中高一貫校に合格できるのか?

合格発表は1/31である。


福津市家庭教師
船橋市家庭教師
京都府船井郡家庭教師
posted by キロリ at 10:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 埼玉県公立中高一貫校
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3153054