道内初の道立中高一貫校、競争率3.7倍

公立の中高一貫校の競争率が続々と発表されています。

地域によって差はあるようですが、3倍を下回るところはないようで、5倍前後というところが多いようです。

中高一貫校の人気が高いので、入るのに苦労→受験熱、受験対策に熱を帯びると言う傾向は今後続いていきそうです(泣)



北海道教育委員会は十八日、登別市内に来春開校する道内初の道立の一体型中高一貫校、登別明日(あけび)中等教育学校の、中学に当たる前期課程の出願状況を発表した。八十人の定員に、小学六年生二百九十七人が出願し、三・七倍の高倍率となった。

同校は全道一学区で、前期課程の生徒は、高校に相当する後期課程に無試験で進学できる。遠距離のために自宅からの通学が困難な場合、最大十六人(男女各八人)が寄宿舎から通学できる。寄宿舎生の枠には、男女計七十六人が出願した。



兵庫県揖保郡家庭教師
飯塚市家庭教師
池田市家庭教師
posted by キロリ at 12:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道公立中高一貫校
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3021707